バレンタインはいらない?いやいや、何考えてんの?もらって嬉しくない男なんていないよ

バレンタイン。女性が男性に想いを届ける聖なる1日。
しかし、チョコ業界の陰謀だとか面倒だとか罵る人々が増加傾向にあります。
いやいや、何を考えてるんですか。だって、バレンタインですよ?花火大会・クリスマスに次ぐ激熱イベントですよ?
たかだか1日を面倒がってどうするんですか。何もかもをネガティブに考えるなんてもったいないです。

バレンタインという至高のイベント

鴨八
僕、チョコ嫌いだしー
鴨八
ホワイトデーのお返しとか面倒くさいじゃん

僻んでんじゃねえぞ、お前ら

こういう人は「自分が楽しめていないから」マイナスの発言をするんですよね。

バレンタインに限らず、様々なイベントを嫌う人々は共通して自分が楽しめていません。
自分にとって不要。だから批判する。なんとも情けない話ではありませんか。

でもね。一度でもバレンタインで甘い想いをした人は批判なんてしませんよ。
だって、ドキドキしますもん。

そもそもです。基本的に男はプレゼントをする立場の人間です。
いつの世も金払いの良い男性はモテますからね。仕方のない事です。

そんな中で女性からプレゼントを貰えるバレンタインは貴重だと思いませんか?
その価値をしっかりと考えるべきでしょう。

え?なぜ、モテないのに偉そうにしているのかって?

これよこれ。チョコが我が家にある感動を自慢させてください。

たかだか1000円程度で幸せを得られるんです。安いもんですよ。
モテない男性はまず恋愛に絡むイベントを楽しむことから始めた方が良いですね。

頑張れよ!僕は応援しているよ!

え?隣の紙?

・・・あっ。

あなたはチョコを渡す理由を考えていますか?

愛は金で買える。こんばんは、モテない男の鴨八です。
気を取り直してバレンタインについて真剣に考えてみましょう。

複数人に同時に渡すチョコほどムダなものはない

まずは女性側の視点で考えてみましょう。
バレンタインを面倒だと言う人の理由はこうです。
チョコを渡したことがない、もしくは職場の形式上のチョコだけだから。

職場で女性一同から渡すチョコほど不毛なものはありません。
何故ならば、そこに個人は関係ないから。義務だからという意味不明な理由で渡してきます。

そんなもの渡す方も貰う方も面倒です。こればかりはマジで廃止にすべきです。
いくら美味しいチョコであっても台無しです。

個人に渡すだけならば何でも嬉しい

ところが個人になると話は変わってきます。
仲の良い友達だから、もしくは恋人だから。

渡す理由に義務以外の何かがあれば男女ともに面倒だと思うはずもありません。

だからですね。チョコレート業界の陰謀だとか面倒だとか言う前に渡したい理由を考えて下さい。
それで男は喜びますから。

僕なら10円チョコでも喜ぶからな?お手軽だよ?

あなたはチョコを貰う喜びを知っていますか?

続いては男性側の視点。

形だけのチョコにお返しをする苦痛

これも同じく職場のチョコはゴミ同然です。本当に無価値。
更にホワイトデーのお返しをしないといけないのだから面倒に拍車がかかります。

ちなみに母親からのチョコは問題なし。
返さなくて良いからタダチョコにありつけます。虚しさは天井知らずだけど。

理由のあるチョコに喜ぶの簡単な男たち

ですが、これが友達や恋人ならば話は変わります。
まじで嬉しいんですよ。今までのゴミチョコは何だったのか。

「女性から個人的に何かを貰う」
そこに恋愛感情は無くとも何かしらの好意はあります。
それを喜ばない男などいません。

ホワイトデーにも自然と身が入るというものです。

モテない僕がバレンタインデーを力説する理由

ここまでバレンタインの価値を話してきました。
その大きな理由はモテない男にとって大きなメリットがあるからです。

彼女を作るのは並大抵の事ではありません。
石の上にも3年どころではありません。僕は30年です。死にたいです。

ですが、チョコを貰うだけならば何とかなります。女友達を作ればよいんです。

女友達を作るために絶対に抑えるべき3要素

2018年2月9日

女友達ならば友チョコをくれます。そして、それで十分です。
なぜならば恋愛により積極的になれるからです。

モテない最大の理由は消極的だからであり、モチベーションにブーストをかけるバレンタインデーは重要です。

え?なに、こいつ根拠なしに偉そうに言ってるの?
と思われた方は以下の画像をご覧ください。

鴨八
悪い!貰ってんだわ!

冒頭のチョコは皆さまを騙すためのブラフでした。誠に申し訳ございません。

もちろん友チョコですが、女の子からチョコを貰うという事実は思った以上に嬉しい。
物事は小さな成功を積み重ねると良いと言います。恋愛でも「小さな嬉しい」を積み重ねることが良いのです。

ちなみに女の子から個人的に貰ったチョコは今回が初めてです。
え?いえ、今年ではありません。30年間で初めてです。

そう考えると冒頭のビックリは些細な事だと思ってもらえるのではないでしょうか。
今の僕は嬉しさと虚しさが入り混じった複雑な心境でございます。

彼女を作るだけが恋愛ではない。恋愛イベントを楽しみ尽くせ

クリスマス、バレンタイン、花火大会。
社会人となった今、どれもが面倒なイベントにしか映りません。

しかし、それを楽しめるようになれれば自然と婚活へのやる気がみなぎってくるはずです。

皆様がこの記事を読んで下さっている時期に一番近いイベントはどれでしょうか。
それを目標として女性との触れ合いを楽しんでみませんか?