社会人の出会いの場おすすめの習い事!?ダイビングで趣味仲間を作ろうぜ!







どこで出会えるか分からない・・・社会人にとって悩ましい問題でしょう。
そこで今回は多くの異性とかかわれる最強の出会いスポーツのダイビングをご紹介していきます。
20代、30代、40代なんて関係ありません。誰もが出会える理想の趣味なのです。

休みが不定な看護師が多く集う場所

ダイビングはダイビングショップがツアーを企画をしていますので、それに参加します。
人数は4~5名程。集まれば平日でも休日でも関係がありません。

そのため、平日に休みが多い職種の人が自然と集まってきます。
看護師、栄養士、自衛隊などなど。もちろん事務やSEもいます。

男性女性問わずに参加していますよ!

年齢は20代30代が多め!


ダイビングショップにもよりますが、若い方が多いです。

ダイビングの知識がない人はどうしても体力的に難しいと敬遠しがち。
そのため、体力に自信のある年代がこぞって参加しています。

もっとも後述しますが結構な費用が発生するので、頻繁に参加する人は稀。
なので、入れ替わりの激しい趣味とも言えますね。

ダイビングに興味を持ったという事もあり、明るく元気な人が多い印象です。

そもそもダイビングとは何なのか


ここでいったんダイビングとは何なのかお話ししていきましょう。
ダイビングとはボンベを担いで30分近く海中を散歩するマリンスポーツです。

泳ぐというより流される感覚なので、金づちの人でも問題がありません。

ボンベは約10Kgで他装備と合わせるとそこそこ重いですが、水中に入ると全く関係がありません。
実際に還暦を迎えた方も楽しんでいるので、末永く楽しめるスポーツと言えますね。

ただ、海ならばどこでも潜れる!というわけではありません。
ダイビングスポットと呼ばれる箇所でのみダイビングが許されているんです。

例えば、僕は福岡在住ですが、宮崎の延岡や山口の青海島、長崎の辰口でよく潜っています。

島国である日本はダイビングスポットが豊富で、まさにダイビングのメッカと呼べるでしょう。

ダイビングにかかる費用とは?


鴨八
でも、お高いんでしょう?

はい、ダイビングは高額なマリンスポーツです。
具体的な値段についてお話ししていきます。

ダイビングに必要なライセンスカード

ダイビングは危険と隣り合わせのスポーツです。
そのため、資格を有していないと潜れません。

と言っても自動車学校が簡単に見える程のレベルなので、誰でも取得できます。

ライセンスはオーシャンダイバースポーツダイバーがメジャーです。
それ以上もありますが、趣味ならばここまででOK。

両者の違いは潜れる深さと時間帯です。

オーシャンダイバーは水深18メートルまでしか潜れず、日中限定です。
一方でスポーツダイバーは水深30メートルまで潜れますし、時間帯も自由。

鴨八
深く潜って意味あるの?

ダイビングの魅力は魚と一緒に泳ぐ事。そして、魚の種類は深くなるほどに多様になります。
また、魚が特に集まるスポットの沈没船はスポーツダイバーでなければいけません。

幅を増やすためにもスポーツダイバーの取得が理想と言えます。

ちなみに料金はオーシャンダイバーが9,800円、スポーツダイバーが200,000円です。

鴨八
んん?2万円かな?

違います。20万円です。そうスポーツダイバーは滅茶苦茶高いんです。

オーシャンダイバー取得までの費用

上記の値段はあくまでライセンス取得の費用であり、実習は別に費用が掛かります。
なお、これは都市型ショップとリゾート型ショップで異なります。

鴨八
リゾートの方がお洒落そう!

という方はお待ちください。本記事の目的は異性と出会うため。
そのためには末永くダイビングショップと関係を続けていかなくてはなりません。

詳細は割愛しますが、リゾート型ショップとの関係はすぐに終わってしまいます。
そのため、都市部にある都市型ショップに参加するのがベスト。

じっくりと学べるので忙しい人にもオススメしますよ!

さて、それではオーシャンダイバー取得までの道筋をお話ししましょう。

学科2回、プール実習1回、海洋実習2回。
これが終われば晴れてライセンス取得です。試験はありません。

プール実習は体験も含まれており、だいたいのダイビングショップは1万円までに抑えています。
ただ、海洋実習は1回当たり3万円ほど。馬鹿にならない金額になります。

ライセンス費用と合わせると7万円ほど。
これにスポーツダイバーも含めると驚きの金額になるというわけです。

スポーツダイバー取得までの費用

スポーツダイバーは海洋実習3回で取得可能です。

1回当たりの実習が3万円なので、合計で9万円。
ライセンス費用と合わせると29万円になりますね。

では、スポーツダイバーまでの費用を合算しましょう。

鴨八
さ、さ、さ、36万円!?

給料2月分が軽く吹っ飛ぶ計算になります。これは高い。

忘れがちなレンタル機材

まだ終わりではありません。
ダイビングは軽機材・重機材・スーツの3種の神器が存在しています。

これらすべてを買うと30万円以上の費用が発生するのです。
そのため、基本的にはレンタルで済ませることになります。

軽機材は1,620円、重機材とスーツは約8,000円が相場です。
回数を重ねるとレンタル代が馬鹿らしくなるので、自分に合っているなと感じたら自前で買った方が良いでしょう。

ダイビングをしておくと女の子との話題に困らない

ここまで高額なダイビングをお勧めするのには理由があります。

それは圧倒的に女の子受けが良いスポーツだからです。

何もダイビングの知名度はダイビング仲間だけのものではありません。
むしろ、したことの無い人ほど興味を持って話しかけてきます。

顕著なのがマッチングアプリ。
ダイビングをしているということでマッチングに成功した女性は10人を超えています。

それ以外も街コンでの趣味に事欠くこともありません。
ダイビングは運動神経が無くてもできるスポーツなので、なんちゃってスポーツマンを気取れます。

スポーツを通して仲間を集めよう!

最初に言ったとおりにダイビングでは様々な職種の方が集まってきます。
続けない方もいますが、ずっと続けている方もあり1つのコミュニティとして最適でしょう。

出会いの場に困っている方はぜひ挑戦してみてください。