【祝】彼女いない歴=年齢30歳。理想の彼女は僕の心に眠り続けるのか?

彼女なんて都市伝説です。偉い人にはそれが分からんのですよ。
モテない男として一世を風靡している鴨八です。オーマイゴッド。
今回は彼女いないまま30歳を迎えた現実を話していきましょう。
彼女なんてできていない。なんなら手をつないだことも無い。そんな僕の呪詛を吐き散らかしていきますよ!

30歳で感じること

では、さっそく30歳で感じることを話していきましょう。
あくまで僕の話なので個人差はあります。

不思議と焦りはない。悟りの境地

びっくりするぐらい心は乱れません。凪です。
30歳にまでなると「どうせダメだ」という諦めが先にきます。

  1. マッチングアプリでメッセージが途切れても動じません
  2. デートは1ラウンドKOが当たり前です
  3. 片思いの女性はすぐに結婚します

これが20代ならばもっと頑張ろうと思えるのでしょう。
実際に僕は思っていました。当たって砕けすぎてボロボロになりました。

しかし、30歳を境にモチベーションは激減します。
また、成功体験が無いのだから目標も自然と低くなります。

今の僕にとって女性と話せたら大成功です。毎日がフィーバーです。

いえ、冗談ではありません。
今、現在モテていないあなた!女性と話すだけで楽しくなりませんか?

おめでとう!あなたは末期です。彼女いない歴=30歳教はあなたを受け入れましょう。

目標が低いと何が問題か。満足をしてしまうんです。
職場で女性と話せるからもういいや。それ以上は大変だ。

その結果、婚活を止める人が続出していくわけです。

内閣府の調査結果では30代の未婚率が急増していますが、納得です。
多くの人が諦めているのです。

僕だってかなり危ないですよ。
婚活ブログを書いてるので続けられています。成果がありますから。

しなかったら休日は天井のシミの数を数えるだけで満足できるでしょう。

一方で早くも40歳の到来を恐れる心も

とはいえ、心の根っこでは不安を感じています。
これはもはや生物における防衛本能と言っても良いでしょう。

40歳になっても今と変わらないのでは?という漠然とした不安がのしかかります。

今までは30歳まではセーフ!!という30歳免罪符論を多用していました。

ですが、それはもうできません。かといって40歳を受け入れる度胸もありません。

かくして心の奥底に不安を押し込めて毎日を刹那に生きています。
なんと誇らしい姿でしょうか。これこそが生物の基本。

明日の事は明日考えようぜ!

20代は別世界の人間に思える

婚活界隈も29歳と30歳で大きく様相を変えます。

まず、20代限定の婚活パーティーには参加できません。
そして、気軽な恋愛が難しくなるので、街コンへの参加も厳しい。

そう。僕たちは動物園の檻の中からのみ20代の女性を鑑賞できるのです。やべえっす。

いえね。もちろん30歳を超えても若い女性と話す手段はありますよ?

でも、それができるなら彼女もできるよね?。Q.E.D.証明終了。

彼女を作る努力は不毛だともう1人の自分が囁く

彼女ができない理由は行動をしないからです。
でも、誰だって全く努力をしてこなかったわけではありません。

何度もぶつかり砕け散り。
その果てに何もつかめなかった結果、動くことを諦めたのです。

鴨八
もうゴールしてもいいよね!!

努力に結果が伴わない。
というか、結果が彼女ゲットという難易度ナイトメアなので、心が折れるんですよね・・・。

味方無しでムドー倒せと言ってるようなものです。血迷ったのかな?

僕は婚活パーティーに何度も行っていますし、マッチングアプリにも複数登録しています。
もちろん現在進行形です。

ですが、そこに彼女ゲットの希望はありません。ルーチン業務をこなす事務員です。

人生の障害物競争で全てのハードルをスネで蹴り飛ばす人間は僕だけで十分です。

鴨八
マッチングありがとうございますっと・・・ポチポチ
鴨八
はい既読無視。次。
鴨八
今日はお日柄も良く・・・

婚活を苦痛に感じるともうやばいですよね。ブログテーマ的にも。

もう1人の僕は諦めよう諦めようと子守歌のように語りかけてくるのでした。

進みますか?戻りますか?

30歳を迎えたあなたは決断をしなければなりません。

今迄と同じように婚活を続けるべきか否かです。

ただ、はっきり言いますが、このまま続けても何も変わりません。

モテない男の自分磨きほど見当違いなものはありません。

その結果、40歳以上のマダムにはモテるでしょうが、そこに喜びはありません。虚無です。

ですが、続ける決断をまだできるならば、方法はあります。
方向転換をすれば良いのです。

それならば、まだ道はあります。

彼女がいないくせに彼女は諦めない。それだけで僕たちは相当に強い。

え?そりゃもちろん僕だって諦めてませんよ。侮るな。

モテる人に頼ることこそが30歳の生きる道

服選びはファッションドバイザーにお願いしましょう。
服なんてモテない男には分かりません。

なんなら麦わら帽子がお洒落と思っていた時期もあります。農家です。

それならプロに任せた方が安心です。安パイです。

清潔感のある男の服装選びはプロにお任せ!楽してイケメンに変貌した僕の話

2018年4月1日

ただ、それだけでは到底モテません。
そこで次弾として、僕が考えているのが結婚相談所です。

はい、ぼちぼち動き出しますよ。
婚活パーティーも良いのですが、サポートを存分に受けるのならば結婚相談所しかないでしょう。

これについては今後の記事で詳しく話していきましょう!

1年は自分のために生きるのも良し

さて、とはいいつつ婚活は少し抑えめに行こうとも考えています。

理由は脱サラによる生活基盤の不安定さです。

お世辞にも十分な生活ができているとは言い難いので、まずは自分の生活を整えるべきかなと。

また、30歳でいったん自分を見つめなおすのも良いという判断です。
婚活は引き続き行いますが、力の入れ具合はそこまでと言った感じです。

資金に乏しい男でも許してくれる大和撫子ならばOKですが、鏡見ろやで終わりですよね、はい。

まとめ

彼女ができないことはとんでもなく辛いです。
何が辛いって30歳を超えると、自然と受け入れてしまうから辛いんです。

だから立ち止まってもいいんですよ。
別に30歳で彼女いなくても死にません。あらためて自問するのもありです。

でも、そんな摂理を跳ねのけて、なお前を向こうと思うのなら。
必ず人を頼りましょう。もうあなただけの力で彼女はできません。