モテないから将来のデートの下見として孤独に夜桜を楽しんできた

花見って素晴らしいですよね。気になるあの子を誘って見る夜桜は格別です。
経験はありませんけど、なんかそんな気がします。妬ましい。
そこで今回はそのフラストレーションを発散すべく1人夜桜を観光しました。

未来に向けたデートの下見

今回の夜桜の目的は何も自分を追い詰めるだけではありません。

果たしてデートスポットとして価値はあるのか。
それを見極めるために僕は旅立ちました。

とはいえ、1人はあんまりなので男友達を誘いました。

友人
気持ち悪い

断られました。

それでは全てに見放された哀れな子羊の喜劇をお楽しみください。

舞台は舞鶴公園でサクラ群

舞台は福岡市の名所の舞鶴公園です。

中心部に広大な広場があり、その広場を取り囲むように屋台が並びます。

大勢の花見客を狙って様々なパフォーマーも現れ、活気にあふれる1週間となります。
カップルはもちろん、家族連れでも楽しめる最高の花見場所ですね。

さて、今回、僕はあえて遅い時間をチョイスしました。
時刻は22時。そろそろ帰り支度を始める頃合いでしょう。

それは遅い時間の方がカップルが多そうだから。

今回の目的はカップルに出会うこと。
そして、その幸せをぶち壊す再認識し、デートとしての意義を見出すこと。

この目的を達成しなくてはただのピエロに終わってしまいます。
いえ、まだピエロではありません。そこは間違えるな。

固い決意を胸に秘めてここ舞鶴公園に足を踏み入れました。

4月も入ったばかりですが、すでに葉桜になりかけています。
それでも無茶苦茶に綺麗なんですよね。これは人が集まりますわ。

幻想的なライトアップが人々を魅了していきます。

実に美しい光景が広がっていきます。
ああ、なんと神秘的な光景でしょうか。

いつかこの場に彼女と来よう。
そう強い決意をしました。頑張ろう。

うじゃうじゃ湧き出すカップルの群れにメンタル崩壊

やはり夜桜デートは鉄板なのでしょうか。カップルばかりです。

右にもカップル左にもカップル。頭がおかしくなりそうです。
本当に何組のカップルがいるのでしょうか。

1カップル・・・

2カップル・・・

3カップル・・・

4カップル・・・

5カップル・・・

鴨八
フルコンボだドン!

なんなの、君たち暇なの?ニートなの?

彼女がいない男性が増えてきたとかニュースで言っていませんでしたか?
99%は彼女or妻持ちじゃないですか。僕だけで1%稼いでるじゃないですか。

なんという世の中だ。まるですべてを否定された気持ちになります。

と、そこに1人歩くかわいそうな男性を見つけます。

鴨八
ふ、哀れだな・・・。

自分の事を棚に上げ過ぎな気はしますが、これだけで満たされるので良いのです。

なお、数分後に遅れて登場した彼女と腕を組みはじめたので、無事に吐きました。

なぜ、花見デートは大盛況なのか

花見にカップル連れが無数にいることは確認できました。
では、なぜこんなにも人気があるのでしょうか。

考えました。

分かりませんでした。デートしたことないから仕方ないね。

そこでgoogle先生に協力を依頼しました。サンキューグーグル。
調査の結果、おおむね花見デートのメリットはこんな感じだと分かりました。

  1. 安い
  2. 特別感を出せる
  3. デート場所に悩まない

なるほど。納得の理由です。

確かに「桜が綺麗だから花見をしよう」は誘い文句としてぴったりです。
花火大会やクリスマス、初詣と違い日程調整が楽なのも魅力です。

かといって普通のデートと同じと言うわけでもありません。
花見は1週間程度しかできない特別な時期。

特別感が大好きな女性には打ってつけのデート場所と言えるのでしょう。

料金が安いのも良いのだとか。この辺りは良く分かりませんね。
花見会場だけで済めばよいのでしょうが・・・いや、済むのかな。

したことがないので全く分かりません!情報をお待ちしております。

福岡市近辺の花見スポットはどこなの?

花見デートは有用だという事が分かりました。
というわけで、花見のオススメ場所をお話ししていきましょう。

舞鶴公園

まずはここ舞鶴公園。
天神大名で遊んだついでに立ち寄れる程の距離です。

デートの前半は天神ゆっくりとランチを楽しみ、
夕暮れ時に舞鶴公園でライトアップされた桜を楽しむというデートプランも立てられます。

その圧倒的な桜並木の彼女の心を射止められるとかなんとか。

大府天満宮

歴女をデートに誘うならば打ってつけの場所。
どちらかというと梅の花のイメージが強いですが、桜もしっかりと咲きます。

西公園

県内で唯一さくら名所100選に選ばれた場所です。
舞鶴公園に比べるとアクセスは良くありませんが、圧倒的な桜の景色に魅了されることでしょう。

さあ、花見デートに誘って彼女とエンジョイしようぜ!

花見はどちらかというとカップルになってから行く場所となっています。
歩きながら話すというのは付き合う前だと中々に難しい。

実際、花見ではありませんが歩きデートをした時は中々に苦労しました。
まず声が聞き取りづらいですからね。

しかし、「花見」は絶好の好機であるのも事実。
ある程度、仲良くなった女の子がいるのならばデートに誘ってみるのもありですよ!