幼なじみの結婚式のスピーチが近い人に実体験を元にアドバイス







こんにちは、鴨八(@dotekamo)です。

先日、幼稚園の頃からの付き合いの友人がめでたく結婚致しました。
そんな中、なんと不肖鴨八が友人代表スピーチをお願いされたのです。

初めてのことでてんやわんや。1週間前は吐きそうな毎日を過ごしました。
そんな僕の波乱万丈な日々を記録として残しておきます。

今まさに幼なじみの結婚式のスピーチを控えてる方の参考になればと思います。

友人との付き合い

4歳からの付き合いで兄弟のように過ごしてきた間柄。
高校で別々になったものの大学が同じになるという奇跡が発生。この時に腐れ縁が確定したんでしょうね。

30歳になった今でも半年に1回程度の頻度でネカフェで定例会をします。

なお、なんと僕に女性を紹介してくれたこともあるのです!
他の友人はみんな苦笑いで断るのになんと最高の友人でしょうか。

あ?結果?お察しの通りだよ。

スピーチを依頼されたとき

いつもの定例会の最中に突然お願いされました。

僕はノータイムでOK。
初めての事で楽しみ、ブログのネタになるなど色々ありますが、単純に嬉しかったのだと思います。

結婚式のスピーチを断るかどうかは難しい問題ですよね。

後で話しますが、緊張度は会社や大学のプレゼンの比ではないので少しでも「なんで僕が?」と思ったら断った方が良いです。

スピーチが苦手とか理由は何でも良いです。
多少は気まずくなるでしょうが、結婚式で大失敗するよりはるかにましです。

スピーチの1週間前

幼なじみスピーチの難しさ

ここからスピーチの作成に取り掛かります。

もっと早くすべきだったのですが、考えると頭がぐちゃぐちゃになるので放置してました。

幼なじみの結婚式スピーチって一見すると思い出が多くて良いように思うかもしれません。

ですが、実際は思い出が多すぎてぐっちゃぐちゃになります。何を話せば良いか分からなくなります。

内面を話すのが王道

思い出は多すぎて処理が追いつきません。
とはいえ、新郎新婦はその思い出を期待しているのです。

今まで知らなかった彼の良い一面。それを知りたい。
そんな思いがあるので、言わないわけにはいきません。

では、どうするか。

悩んだ結果、僕は幼なじみも最も伝えたい内面を決め、それを思い出で肉付けしました。

幼なじみはかなり深い付き合いになるので、内面は熟知しています。
その中でもっとも良さそうなものを選びましょう。スピーチにしやすいものでも良いです。

僕は「マイペース」や「安心感」を選びました。

思い出に浸るBGMを聞きながら作成

音楽には不思議な効果があります。

昔に聞いた音楽は過去の思い出とリンクしています。そのため、忘れていた思い出を引っ張れってこれます。

勉強などは無音も良いでしょうが、ことスピーチの原稿に関しては音楽を聴きましょう。

ちなみに僕はクロノトリガーの時の回廊をループしていました。
パッヘルベルのカノンも良かったですね。小学校の朝に流れていたので強く覚えています。

スピーチの3日前

吐き気との闘い

この辺りから緊張が一気に高まってきます。なんなら吐き気も併発します。

他の発表では全く緊張しない僕もこの時ばかりは大変でした。

原因として、他のスピーチと違って結婚式のスピーチは自分だけの責任で終わらないからです。

友人の良い所をうまく伝えるわけですからね。下手なことは言えません。

これが会社のスピーチならどうでも良いんですよね。
一応上司の責任には繋がるかもしれませんが、そんなの気にする人いません。いたら聖人かなにかです。

もうこればっかりは仕方ありません。諦めてください。

家族や友人に添削をしてもらう

結婚式のスピーチの最たる特徴は忌み言葉です。

別れや失敗を連想させるワードは一切使ってはいけません。
重ね言葉も使ってはいけません。(たびたびetc)

その他、「てにをは」など細かい部分のミスも失礼に当たります。

この辺りは如何に気を付けても漏れがあるので、必ず第3者に見てもらいましょう。

内容の添削までは不要です。
だって、あなた以上にうまい内容を思いつく人は存在しないのですから。

スピーチ当日

楽しめると思うな

冗談抜きで飯の味がしません。

いえ、味は分かるのです。ああ、うまいんだろうなと。
ただ、その事実を脳が拒否しています。自分でも何言ってるか分かりませんが、体験すれば分かります。

スピーチが終わった後は謎の満腹感で、やはり食事の味が分かりません。

なので、友人代表スピーチをする方は結婚式を楽しむことは諦めましょう。

とにかく誠実に

失敗は絶対にします。後で反省点をいくつも出して発狂します。

それでも誠実さだけは忘れていなければ大丈夫です。

笑いを取るのが良いですが、ヘラヘラするのはいけません。
緊張するのは良いですが、声が小さすぎるのもダメです。

とにかく一生懸命やる。子どもみたいな目標ですが、これがあなたにできる最大のお祝いです。

スピーチ翌日

断言します。仕事にならないので有休をとりましょう。

脱力感が凄まじいです。無気力になります。

なんなら2日目も引きずるレベルですので、せめて翌日だけは休みましょう。

それだけのことを成し遂げたんです。1日ぐらい上司も許してくれます。

最後に

結婚式のスピーチは大変なものです。
終わるまで安眠もできないでしょう。

ですが、それだけの大役を任せられたのはあなただからです。

自信を持ってあなたにできる全力で友人を祝いましょう。