【街コン】参加人数が少ない!参加して大丈夫なの?【婚活パーティー】







街コンブームの終焉!?
街コンの参加人数の少なさに絶望している方は多いことでしょう。

申し込みをして意気揚々と参加するも人数不足で阿鼻叫喚。
酷すぎる!街コンはもうオワコンだ!そんな声が聞こえてきます。

本当に街コンは終わりなのか?
参加人数の少ないのは何故なのか?

あなたが抱えている全ての疑問にモテない党代表の鴨八が回答します。

街コンの参加人数が少ない理由

一言で「少ない」と言っても理由は様々です。
もしかしたら、あなたの不安は杞憂かもしれません。

少人数タイプの街コンだから

その街コン・婚活パーティーは少人数制かもしれません。

例えば、OTOCONでは募集人数を男女それぞれ7名程度に絞っています。

そして、実際には募集より1人~3人が少ないのはよくあります。

このタイプの街コン・婚活パーティーは人数が少なくて当たり前。
気にせずに女性とのマッチングを狙って行きましょう。

人気の無い街コンだから

問題なのはこちら。
例えば、募集ページでは男女合計で20名以上を謳っているのに実際は半分以下だと悲惨です。

また、募集人数を明記していない婚活パーティーも要注意。

人数が少なくてもシラを切り通すのです。
よく言えばリスクヘッジ、悪く言えば詐欺。そんな運営は存在します。

人気の無い街コンに参加する3つのデメリット

ここからは人気の無い街コンに参加した際の問題をお話ししましょう。
百害あって一利なし。闇を暴露します。

参加者の質が下がる

単純に考えて参加人数が少ないのは良い方向に働きます。
なぜなら、ライバルが少ない事によりマッチング率が上がるからです。

また、女性は友達と参加しがちですが、少人数だと1人参加ばかり。
女性としては勇気がいる事でしょう。でも、参加をするのです。

そう、女性の本気度は少人数の方が高い、というわけです。

しかし、一方でデメリットもあります。

ライバルが少ない、つまり競う必要が無いため自分磨きが不十分な参加者が集います。

全てがそうというわけではありませんが、その傾向が強いと思った方が良いでしょう。

実際に大規模の街コン・婚活パーティーに参加した経験があれば何となく分かると思います。
あの人数でマッチングは至難の業です。しかし、美しい女性がいるのも事実。

あちらを立てればこちらが立たず。難しい問題ですよね。

ただし、これは意図的に参加人数を調整している婚活パーティーの話。
人気が無くて参加数が少ない場合は厄介です。

この場合、参加者の恋愛に対する意識が適当な事が多いです。

  1. なんとなく決めて参加した
  2. 2人で参加したら人数が少なくてびっくり

要するに本気度の少なく自分磨きも不十分な人間だけが集まります。酷いものです。

本気度の少ない女性はマッチングしても切られる可能性が濃厚。
まったくもって不毛です。しかし、人気の無い街コンはそうなりやすいのです。

中止のリスクが高い

僕は過去に人狼コンに参加しましたが、2回も中止になりました。
3回目でやっと参加しましたが、女性は2人という地獄。

人狼コンの感想をアラサー男が報告!楽しかったけど出会いは期待できず。

2018年7月2日

それならいっそ中止になっても良かったぐらいなのですが・・・。
中止の多いイベントは開催されても人数が少ないので、避けた方が良いですね。

マッチング率が下がる

参加人数の少ない所で言いましたが、本気度の少なく自分磨きも不十分な人間だけが集まります。

で、こういう人達は何故か理想が高いので、同族には決して投票しません。

その結果、身の丈に合わない異性に投票をしてマッチングを逃すのです。

婚活とは妥協の連続。
それは決して悪いことではありません。いつまでもお姫様を探すのは馬鹿げています。

しかし、それをできない人はいます。
そして、よりによって人気の無い街コンに集結するのです。質が悪い。

中止の場合は前日に連絡がくる

さきほど人気の無い街コンは中止になりやすいとお話ししました。
その連絡は基本的に前日にメールで来ます。

2018/06/15に開催予定の本イベントは、
お客様にご満足頂くために私どもが設けております開催最低人数に達しなかったため、
誠に残念ではございますが、開催中止となりましたことをお知らせ致します。

前日ならば、他の街コンに申し込めるので落胆せずに次に行きましょう。

参加人数の少ない街コンに参加しないために

今迄に参加人数の少ない街コンのデメリットを話してきました。
でも、どうやってそういった街コンを避ければ良いのでしょうか。

ここでは不本意な街コンへの参加を防ぐ方法をお話しします。

なお、運営の調整でそもそも参加人数の少ない街コンは除外します。

事前に参加人数を問い合わせてもムダ!

何度か参加人数を問い合わせたことがありますが、まず教えてくれません。

教えた時と本番で人数が異なるかららしいですが、実際のところは分かりません。

これはどの街コン・婚活パーティーでも同じですので、諦めましょう。

カップリンクの参加人数はあてにならない

街コンジャパンから街コンを申し込むとカップリンクと連携ができます。
そこでは参加者が見られるのですが、実際よりむちゃくちゃ少ないんですよ。

これを見ると不人気引いたかーと落ち込むかもしれませんが、それは違います。

街コンジャパンの開催する街コンは余所の運営と連携していることがほとんど。
例えば、シャンクレールやホワイトキーなどが挙げられます。

そういった街コンはその運営のサイトからも申し込む人がいます。

そして、そういう人はカップリンクに表示されません。

ややこしいですけど、どうしようもできないんでしょうね。
というわけで、カップリンクから判断するのも危険です。

参加人数のはっきりしない街コンに参加しない

では、どうすれば良いか。

参加人数が明記された街コンにだけ参加してください。

以下の画像はホワイトキーの婚活パーティー情報です。

ご覧のように予定人数をしっかりと明記してくれています。
明記した人数と異なると信用にかかわるので、必ず守ってくれます。

これならば、安心して当日を迎えられるでしょう。

前日まで予約をしない

より安全策を取りたいのならば、前日まで予約を待ちましょう。

婚活パーティーは少なすぎてもダメですが、多すぎてもいけません。

そのため、規定人数に達すると受付がストップします。
男性側がストップになると困りますが、女性側ならば男性は安心して参加できますよね。

まとめ

婚活パーティーでスタートから躓いては何しに来たのか分かりません。

参加者をしっかりと管理できていない婚活パーティーには参加すると地獄。
そうならないために事前調査はしっかりとしておきましょう!

なお、大人数を求めるならば、オススメはやはりホワイトキーですね。
運営サポートもばっちりなので、婚活パーティーに慣れていない人はぜひ!

【婚活パーティー】フリータイムなしのホワイトキーの動き方徹底攻略!

2018年10月17日

婚活パーティー選びに悩んでいる方へ