怖くない!アラサーのメンズ美容室の選び方と頼み方を徹底解説!







今の世の中、男と言えどもオシャレに気を付けわなくては生きていけません。
でも、そこで立ちはだかるのが美容室です。あのオシャレ空間に耐えられる気がしない・・・。
僕もそう思っていました・・・ですが、安心してください!美容室ってオジサンの床屋並みにに敷居が低いんです!
今回は30歳で初めての美容室に挑戦した僕の体験談をお話ししますよ!

美容室の偏見は大きな誤解

皆さんは美容室と聞くとこう思いませんか?

美容室の悩み

  1. 女の子しか行かないのに男が行くと浮きそう
  2. 美容師との会話が面倒くさい
  3. 料金がすっごく高そう
  4. ヘアスタイルの頼み方が面倒くさそう

かくいう僕も美容室に行く前は同じように思っていました。
予約をした時の手の震えを未だに覚えています。

ですが、そんなことはありません!
1つずつその幻想をぶち壊して見せましょう!

実は女性:男性の割合は半々なんです!

いまや男性の美容室通いも当たり前。
メンズも対応している美容室では何と男性と女性の割合が半々なんだそうです!

てっきり選ばれしモテ男かプライドをかなぐり捨てた漢しか無理だと思っていました。

店員
男性の方も気楽に来て大丈夫ですよ(笑

その言葉通りに僕が行った時は男性の方が多いぐらいでした。

美容室だから会話をするわけではない!人それぞれ!

美容室でもっとも多い偏見が会話。
コミュ障の僕がもっとも恐れていたテーマでした。

しかし、実際に行くと必要最低限の会話しかしません。
世間話なぞ皆無です。

常連になれば変わるかもしれませんが、最初の内は気にする必要はありませんよ!

鴨八
美容室でゆっくり寝れるとは思わなかったよ・・・

美容室は高くない

僕が訪ねた床屋の価格はカット+ヘッドスパ+眉カットで何と3,300円です
流石に1,000円床屋には勝てませんが、それでも破格と言えます。

それに価格では負けてもサービスは抜群。
髪の毛を洗いながらマッサージもしてくれますし、眉毛もしっかりとセットしてくれます。

3,300円で安すぎるサービスをしてくれるんですね。
この辺りの話はゆっくりとしていきましょう!

雑誌も事前調査も必要ない!行き当たりばったりで行こう!

理想のヘアスタイルがあれば別ですが、初心者はノー知識で問題ありません。

最低限、髪の長さと雰囲気を話せば、後はプロがやってくれます。

あなたに必要なのは美容室を予約する小さな勇気。それだけです。

僕の美容室デビューの話をしていこう

今回、あなたに知って欲しい事はただ1つです。

美容室はモテないアラサー男子でも気兼ねなく行ける!

それでは実際にどのように予約をしていったかはお話をしていきましょう!
同じようにすればあなたも美容室デビューできますよ!

まずはホットペッパービューティで検索

近くの美容師を探すならばホットペッパービューティがもっとも簡単。
ここから探すのがベター。かなり詳細な情報を見ることが出来ます。

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

一見して女性の花園のようなサイトをイメージするかもしれません。
しかし、男性向けのページも用意されており、このサイトで気に入ったヘアスタイルを考える事も可能です。

そして、美容院はオススメ特集から選びます。
今回、僕は「メンズカジュアルが得意なサロン」で検索をかけました。

メンズに対応している、つまり、男性でも気軽に入れるという事です。

そして、最終的に僕が決めた店がソーホーニューヨークという美容室です。
天神のど真ん中でアクセスが良い事が決め手となりました。

予約をしていざ美容室に出陣

美容室の予約はホットペッパービューティで簡単にできます。
後は時間までゆるりと過ごしましょう。

そして、いざ決戦の日。今、僕は美容室に来ております。

心臓がバクバクして止まらない感じ。
ああ、そうか。女の子との初デートの時だ。じゃあ、大失敗するのか。

そんな事を考えていると1枚の用紙を渡されます。

この用紙に現在の髪の悩みや希望のスタイルを書くことができます。
例えば、抜け毛が多かったりくせっ毛があったり・・・

この時点で聖地TOKOYAとは異なります。あそこ、おっさんがいきなりシャンプーしてくれるんだもん。

そして、いよいよ本番開始となります。
ちなみに担当美容師は男性でした。嬉しいやら悲しいやら。

時間帯によるのかもしれませんが、日曜日の19時は男性の美容師がほとんど。
女性だとキョドって大変という人は夜を目指しましょう。

ヘアスタイルの注文は適当でOK

鮮度を保つために当時の会話をそのまま書きましょう。
先に今回のコースをお話ししておきますね。

カット+ヘッドスパ+眉セットで3,300円うーん、安い!

それでは始まります!

店員
今日はどういった感じがよろしいでしょうか。
鴨八
えーっと派手過ぎない感じで、髪は短めでお願いします。
店員
かしこまりました。バリカンをかけてもよろしいですか?

え?床屋だと問答無用でバリカンなんだけど、ここ違うの?まじで?

鴨八
え、あ、はい。大丈夫です。
店員
かしこまりました。当店は初めてですか?

ここだ!僕の中で電流が走ったね。今、言わないと一生後悔する。

鴨八
というか、美容室が初めてでして!勝手が良くわかってないんですよ!
店員
おお、そうなんですね。当店をお選び頂きありがとうございます。
なぜ美容室に行かれようと思ったのですか?
鴨八
そろそろお洒落をしようかなあと

一瞬、彼女いない歴の話をしようかと思いましたがヘビー過ぎるのでやめました。彼の心を壊しかねない。

僕が慣れていないのを理解した店員がヘアースタイルの提案をしてくれました。
前髪は短めに、サイドは剃って・・・みたいな感じです。

ぶっちゃけ話の半分は理解していませんでしたが、オールオッケーで通しました。

そこからは会話も無く、店員にお任せ。
目をつぶって髪を切られる快感に酔いしれていました。

え?ヘッドスパってなに?ホットスパ?業界用語?

30分程度で散髪は終わり、店員に別室に連れていかれます。

ああ、なるほど。ヘッドスパって要するにシャンプーか。なぜこうもシャレオツな言い回しをするのか。

そこからシャンプーをしてもらいますが、いやもう本当に気持ち良い。

店員の手の動きが妙にやらしくてこう皮膚に吸い付く感じがたまらないね。

店員
痒い所ありませんかー?

こんなセリフはドラマの中だけだと思っていました。美容室ってすっげーな。

そうしてシャンプーも終わったところで首に熱いタオルを巻かれる。

店員
それでは今からホットスパはじめますね。

え?なにそれ?スパゲッティー?
しばらく混乱するもようやく察します。どうもマッサージのことらしいです。ややこしいな。

店員がじっくりと僕の首をもみほぐしてくれます。
いやあ、いいなあ。でも困ったなあ。

想像以上にきつい。このマッサージくすぐったすぎる。

何を隠そう僕の性感帯は右うなじにあります。心底どうでもいい。
そこを刺激されると身体が跳ねまくってやばいんですよ。

鴨八
(あひゅっ、おひょ。ひょふぅ!)
店員
?大丈夫ですか?
鴨八
おふっ、はい、大丈夫です。

身体の跳ねを押さえつける時間が続きます。どういう状況だこれ。

実は1,000円プラスするとより長くヘッドスパを受けられました。

僕には耐えられませんが、マッサージで気持ちよくなりたい方にはオススメです。
普通コースで物足りなかったら検討してみるのも良いですね!

最後にヘアセットの訓練を受けて終了

ジェルを髪になじませながらセットをしてもらいます。
僕は髪質が固くて寝かせるのが難しいので、

  1. 髪を左になびかせる
  2. 前髪を少し立てる

といったセットをしてもらいました。これなら僕でも再現できそう。

生まれ変わった僕を見てくれ

というわけで、無事に美容室から生還したので変化をお見せしましょう。

まずは美容室に行く前

お次は美容室後の写真

おー?まあ、良い感じではないでしょうか。しっかし、肌汚いな。
若干デコの広さが気になりますが、美容室曰くこんなものらしいです。そうなの?

ちなみに全体図はこんな感じです。

あー、これはあれですね。
遠目で見たら良い感じだけど近くで見るとガッカリするタイプです。

なお、近くでかつ下から見上げるとこんな感じです。

禿おやじじゃねーか。

美容室は怖くない!僕でも行けた!

では、今回の総まとめ。

  1. 美容室は男性も良く利用している!
  2. 美容室だからって価格は高くない!
  3. 初めてという事を言えば、提案をしてくれる!
  4. マッサージもしてくれてリフレッシュできる!

僕でも簡単にできた美容室。ぜひ皆さんも楽しんでみてくださいね!