婚活パーティーでのプロフィールの名前が本名フルネームでなくても良い理由

こんにちは、鴨八(@dotekamo)です。

婚活パーティーで必ず書かされるプロフィールカード。
その中の名前で困りませんか?

本名を書いた方が誠実に見られそうだけど、ちょっと怖い・・・。

でも、ちょっと待ってください。
果たして本当に本名を書けば誠実にみられるのでしょうか?
本名を書けばリスクがあるのでしょうか?

今回はプロフィールカードの名前にスポットを当てて話していきましょう。

本名を書くメリットはない

メリットは1つもありません。そこに拘るなら趣味欄でも充実させてください。

なぜ本名を書くメリットが無いのか。説明をしていきましょう。

ほとんどの人が忘れる

10人中10人は本名を忘れます。間違いなく忘れます。

婚活パーティーは短時間に複数の女性と話します。
その間に本名を記憶する時間なんてありません。

趣味・印象・好みかどうか。他に覚えるべき項目は山ほどあるんです。

そもそも投票は番号なので、本名を覚えても何の意味も無いんですよね。

婚活パーティーで誠実さをアピールしてもムダ

本名を書いて誠実さアピールになる理由はさっぱり分かりません。
分かりませんが、仮にアピールできても意味がありません。

なぜなら婚活パーティーでは相手に強い印象を与えなくてはならないからです。

本名も忘れられる過酷な環境で投票をしてもらう。
そのためにはライバルに勝てるだけのインパクトが必須。

そんな中で誠実さという毒にも薬にもならないアピールをしても自己満足にしかなりません。

本名を書くデメリットはない

一方で本名を書くデメリットもありません。
なので書いても良いのです。意味はありませんけど。

デメリットが無い理由もお話ししましょう。

ほとんどの人が忘れる

本気で覚えてないです。デメリットを考える必要なんてありません。

メモ紙に必死に本名を書いている人は一定数います。

そういう人達に限って顔と名前と番号が一致しておらずマッチングを逃しています。意味が分かりません。

何度も言いますが、他に覚えるべき項目は山ほどあるんです。
わざわざ本名を記憶するメリットなんてありません。

名前で検索するヤバい奴も無視すれば終わり

後で検索されたら怖い。そういう気持ちは分かります。

ですが、検索をされても大して怖いものはないはずです。
芸能人でもあるまいし全ての私生活を暴露しているわけでもないでしょう。

ツイッターを補足されて怖いと思う人もいるかもしれません。

しかし、これぐらいで補足される人は婚活パーティー関係なく危機管理が足りていません。

ツイッターを本名でしているならば鍵垢にすれば良いだけです。
それが嫌ならば住所まで特定されるような呟きを止めれば良いだけ。

別に婚活パーティーで本名を出してもなんら問題は無いのです。

名前は名字or下の名前だけで十分

名前に拘る必要はありません。
なので、僕は名字しか書いていません。これでマッチングもできています。

どうせ女性は覚えていないのです。
ならば、最低限で構いません。呼び方だけで十分ですよ。

珍しい名前で盛り上がる可能性はありますが、そこで盛り上がってもマッチングに結びつきにくいんですよね。

本名でないと許せない人間がそもそもヤバイ説

本名で書かないと許せない!
そう考える人もいるでしょう。

が、そういう人間はそもそもおかしいので無視して問題ありません。

マッチングアプリをしている人ならば分かると思います。
あそこで本名を書いている人はいません。せいぜい名字か下の名前だけです。

マッチングアプリで許されて婚活パーティーで許されないわけがありません。

オススメする婚活パーティー

ここまでで婚活パーティーの話をしてきました。
婚活パーティーの中で僕がオススメしているのはホワイトキーです。

ホワイトキーはカップリングさせるための様々な工夫を凝らしています。

ホワイトキーの魅力

  1. 1回の婚活パーティーで10名以上の異性と話せる
  2. 中間印象シートがある
  3. フリータイムがある

まさにカップリングさせるための婚活パーティーと言えるでしょうね。

下の記事でホワイトキーの魅力すべてを書いているので、よければ読んでみて下さいね!

【マッチング率50%超】ホワイトキーの口コミや評判を実体験から全て話そう

2018年10月14日

最後に:本名よりも大事なことは山ほどある

本名は婚活パーティーにおいて重要ではありません。
それ以上に大事な項目があるはずです。そこを埋めましょう。

時間も限られているのです。

いかに短時間でインパクトを女性に与えるか。それが婚活パーティーの全てです。







婚活パーティー選びに悩んでいる方へ