【体験済】アトピー・汗疱にオススメ!しみないオススメシャンプーの紹介







入浴。それは1日の疲れを癒す心のオアシス。
ですが、アトピーや汗疱患者には地獄。傷口に水やシャンプーが当たる度にしみる経験は誰もがあるでしょう。
それを少しでも軽減したい。
試行錯誤を繰り返した結果、2つの素晴らしきシャンプーに出会ったのでご紹介します。

肌に塗っても全くしみないハチハチシャンプー

アトピー肌にとって悪影響を与える成分は多岐にわたります。
評判のシャンプーであっても使ってみると激痛で使い物にならない・・・。

しかし、ハチハチシャンプーは弱酸性・アミノ酸系であり、塗っても全く痛みがおこりません。

例えば、下の貧相な腕をご覧ください。僕の腕です。
ポツポツと炎症があるのが分かるでしょうか?

大したことが無いように思うかもしれませんが、銭湯やビジホに置いてあるシャンプーを使うとしみるんですよ。
ふおおおおおおおお、痛い!!!まではいきませんが、しかめっ面はしてしまいます。

ところが!ハチハチシャンプーならば心配はご無用。
本当に塗っても痛みを感じないんですよ。肌に優しいの言葉どおりでした。

身体を洗いたいけどシャンプーは痛いから・・・と敬遠している人にオススメしたい一品です。

指定成分無添加なハチハチシャンプーならば炎症は悪化しない!

ハチハチシャンプーは指定成分無添加であり、皮膚炎に悪影響を与える界面活性剤を使用していません。
僕たちのような肌の弱い人には非常に有難い存在なんですよ!

界面活性剤は汚れを簡単に落とせる優れものですが、肌を守る皮脂膜も落としてしまう危険があります。
一般人ならば気にならないレベルですが、アトピー肌の人間には死活問題です。

界面活性剤とは?
水と油のように決して交じり合わない物質の間を界面と呼びます。
界面活性剤は界面を活性化させ、無理やり混ぜ合わせます。
それによって汚れなどを落としやすくするという理屈なわけですね。

身体も髪もこれ一本でまるっと解決!

ハチハチシャンプーはリンスの効果も兼ね備えており、シャンプー・身体・洗顔が可能となっています。
シャンプーとボディーソープを別々に揃えるのが面倒・・・と思っている人にぴったしですね。

アトピー肌で出来る限りの痛みを防ぐ道具として自信を持ってオススメできます。

続いてのご紹介が「しみずの無添加ボディソープ」です。

こちらはアトピー患者の方にオススメできます。
汗疱には微妙ですね。使いましたが、汗疱は変わらずでした。

ビオチンがあなたの肌をしっかりガード

最大の特徴はビオチン配合。皮膚トラブルの救世主となっています。

ビオチンは汗疱への効果は怪しいですが、アトピーに対しての効果は証明されています。
そのため、安心して利用することができます。

カサカサ肌を治す能力は他の追随を許さず

販売元が特に宣伝しているのが「うるおい」です。
ここ数カ月間、本商品を利用していますが、シャワー後の肌の質感が段違いです。

今迄は終わった後に保湿剤を塗りたくっていたのですが、今は全くしていません。
それでも肌のうるおいは十分に維持できるからです。これはかなり楽。

最初は肌にしみるかも・・・

本商品唯一の欠点。それはしみることです。
慣れればそうでもありませんが、傷口に塗るとチクっとした痛みを感じます。

もっとも市販のシャンプーはそれ以上にしみるので、あまりに気にならないかもしれません。

少しでもしみたくないかたは最初に紹介したハチハチシャンプーが良いですね。
ただ、保湿剤いらず・ビオチン配合とアトピー患者には強力な味方となっています。

僕は今後も愛用していく予定です。

ラフィスの保湿クリームでお肌に快感を

最後はシャンプーではなく保湿クリームの紹介です。

アトピー肌は保湿と痒みとの戦い。しかし、市販のローションは保湿をするだけで痒みは軽減されません。
僕自身、保湿クリームを塗りながら掻きむしるという地獄を何度も経験しています。

そんな中、痒みすらも軽減させる最高の保湿クリームがあるんですよ!
それがラフィスの保湿クリームです。


痒みの原因はカサカサ肌から来るんです

幼少期よりアトピーを患っているので、保湿の重要性はそれなりに知っていました。
ただ、異汗性湿疹は汗が原因なので、むしろ乾燥させた方が良いと勘違い。

無知って怖いですね。これでは治るものも治らないに決まっています。

病院より【ヒルドイド】ローション0.3%を処方され、朝夕に塗りたくるようにしました。
塗るではありません。塗りたくるです。

医師
1日1本を必ず使い切ってください。
これでもかってぐらいに保湿をしてください。

30代前半の若い先生だけあって指導もアグレッシブです。
医師にリミットを外して頂いたので、体全体がビショビショになるぐらいに塗りたくっています。

しかし、【ヒルドイド】ローション0.3%はあくまで保湿だけなので痒みを止める働きはありません。
しかし、これ以上薬を塗るのも嫌だし・・・そんな時にラフィスの保湿クリームに出会ったのです。

かゆみを抑える救世主はダチョウだった!


のっけから意味不明ですが、かゆみ対策にはダチョウ黄卵エキスが効果的なんです。
ダチョウの免疫力はかゆみの原因の黄色ブドウ球菌にのみピンポイントに作用します。

黄色ブドウ球菌って何なの?
実は健常者の皮膚にも生息しているポピュラーな菌なんです。
そのため、万人に対して危険はありませんが、免疫低下中の人は吐き気や下痢を引き起こします。
また、近年では黄色ブドウ球菌が増殖することで、皮膚炎が悪化するという研究成果も出ました。

ここ事実は最近判明したわけではなく、昔から盛んに研究をされていたようですね。
本も出版されているぐらいですし。現在、熟読中です。

ダチョウ黄卵エキスを含んだ保湿クリームならばLAFIS!!

そんな話を聞くと是非とも使ってみたいのがアトピー患者の心情。
そこで色々と探した結果、ラフィスの保湿クリームに出会いました。

魅力は何と言ってもダチョウ黄卵エキスを含んでいること。
それだけでも素晴らしいクリームです。

また、肌環境を悪化させる原因となる界面活性剤やステロイド、アルコールは一切使っていません。
ならば、保湿はどうやって?という話ですが、ヒマワリ種子油やオリーブ油などの天然保湿剤を使用しています。

宣伝文句にもある通り、アトピー患者のために作った至高の一品なわけです。

使用感に驚き。冷たくて柔らかいしっとりクリーム

というわけで炎症中の足裏に塗ってみました。・・・お、おお・・・?

鴨八
冷たくて・・・気持ちええ・・・

ひんやりとした気持ちよさが足の裏を駆け巡りました。
そして、クリームのふんわりとした感触もまた心地よい。

液体ではなく、また、天然保湿剤のみを使用しているため痛みも全く感じませんでした。

アトピー患者にとって痛みを感じるのは辛いので、非常に助かります。

そして、痛み以上に辛い痒みも感じる事はありませんでした。ただ気持ち良いだけです。

痒みに関しては体感な部分はありますが、幼少時よりアトピーを患う僕でも良いと感じられる逸品です。

アトピー肌に保湿は必須ですが、何でもかんでも塗れば良いわけではありません。
痛みも痒みも感じない。理想を言えば気持ちよさすら感じる保湿剤が求められています。

そういう意味でラフィスの保湿クリームはオススメできますよ!

まとめ

汗疱やアトピーに効果的なシャンプーは多く出されています。
しかし、どれもが製作者は医師の声しかなく、使用者の声はあまり聞けません。

今回、僕は患者として様々なシャンプーを利用しました。
その中で見つけたオススメ品です。効果は折り紙付き。

悩んでいる方はぜひお試しください。