【体験談】フリータイムありのホワイトキーでマッチングする必勝テク







こんにちは、モテない党代表の鴨八(@dotekamo)です。

婚活パーティーの中では珍しいフリータイムを設けているホワイトキー。

実はそれが僕の婚活パーティーにおけるマッチング率を飛躍的に高めているんです。

フリータイムを制する者は婚活パーティーを制する。
今回は実際にマッチングに成功したパーティーの体験レポートを通して、フリータイムの魅力を話していきましょう!

参加イベントの概要

Enjoy Summer♪男女交流ゲームあり!景品あり!個室Style「体育会系男子☆25歳から35歳女子」
〜フリータイムは気になる異性とスイーツビュッフェを楽しもう!〜

イベント早見表

  • 時間:16:30~18:15
  • 料金:3,500円(ネット割1,000円適応)
  • 年齢:男女ともに25歳~35歳
  • 人数:女性6名、男性7名

個室Styleと銘打っている通り個室で1対1の会話を楽しめます。
ホワイトキーでは珍しく少人数制の婚活パーティーでした。

人数が少ないメリットは、覚えてもらいやすいこと。
短い時間での会話でいかに印象付けるかが婚活パーティーの肝なので、かなり楽に進められます。

デメリットはタイプの女性が少ないこと。

全ての女性がタイプなのは稀で、5人に1人いれば良い方です。
となると、今回の婚活パーティーでは1人いれば良い方でしょう。

しかし、1回の婚活パーティーでタイプの女性を5人は見つけたい所なんですよ。

なぜなら、女性が自分に興味を持つかは運だから。1人だと望み薄なんです。

フリータイムのメリット

今回の婚活パーティーでは、全員と話すのは1回目の自己紹介タイムのみです。
それ以降はフリータイムでタイプの女性にだけ話しかけることになります。

メリットとして、興味のない女性と何度も話す必要がありません。

興味のない女性は1回目の会話で分かりますから2回も話したくないんですよね。

それならばフリータイムでタイプの女性とだけ話したい。
そう考える人には大きすぎるメリットです。

フリータイムのデメリット

一方でデメリットもあります。

フリータイムを活用できない男性のマッチングは不可能です。

今回は少人数ですが、それでも初参加の人にとっては多いようです。
そのため、1回目の会話では覚えてもらえません。

そう、思い出してもらうためにもフリータイムでアタックをするしかないのです。

シビアな世界ですが、逆に言えばライバルを出し抜くチャンスがあるとも言えますね。

当日のイベントの流れ

それでは、当日の流れをじっくりと話していきましょう!

1回目の会話でタイプの女性を探せ!

プロフィールカードを記入し、さっそく女性との会話を始めます。

1回目の会話でマッチングまで考える必要はありません。

タイプの女性を探すことにだけ意識を集中させるのです。

ここでマッチングができなくても取り戻せますが、タイプの女性を見定めなければゲームオーバーです。

できれば事前に自分の中で指標を決めておくことをオススメします。

  1. 会話が弾むか
  2. 共通の話題が多いか
  3. 顔がタイプか

などですね。ここは人によって変わります。

目当ての女性が決まれば、会話の内容をしっかりとメモしておきます。

この作業はフリータイム時に女性に思い出してもらうためには必須です。

テスト勉強を思い出してください。
1回で覚えてもすぐに忘れますが、反復することで記憶に残りますよね。

婚活パーティーも反復練習が重要です。

フリータイムを活用して反復による記憶の定着を狙えばマッチングは造作もありません。

今回の僕は2人をA評価、1人をB評価としてロックオンしました。
さっそくメモに会話の内容を記入していきます。

ミニゲームの合間に目当ての女性に再アタック

今回はちょっとしたミニゲームがありました。

参加者には9つの質問が載ったビンゴ用紙が渡されます。
そして、その質問にYesと答える異性の名前を書いてビンゴを取るゲームです。

1着になると500円分のQUOカードがもらえるようです。
ただ、ここでゲームに本気になるのは意味がありません。

真の目的は目当ての女性とより仲良くなることです。

ビンゴゲームは軽く終わらせて、さっそく女性に話しかけに行きました。
といっても、女性はゲームを楽しんでいるかもしれないので、邪魔をしないようにタイミングを狙いましょう。

一番良いのは勝者が決まって表彰されるまでですね。

表彰されると500円の代わりに女性と話す時間を失うのです。なんと本末転倒な事でしょうか。

フリータイム1回目は投票をしてくれた女性

骨休みも終わり、いよいよフリータイム開始です。
ビンゴゲーム中に運営が集計した中間印象の結果が渡されました。

なんとA判定の女性が僕に第1希望の投票をしてくれていました!

もう1人のA判定女性もカップルになる率55%と低くありません。
フリータイムは2人だけに使うことにしました。

まずは第1希望の投票をしてくれた女性からです。

フリータイムでは自分に投票をしてくれた女性を優先しましょう。

婚活パーティーでは「目当ての女性とのマッチング」ではなく「マッチングしやすい女性とのマッチング」を目指してください。

もしかしたら理想のタイプと違うかもしれません。
しかし、そもそも10分程度で理想のタイプを見極めるのは不可能です。

それならば、マッチングしてデートの権利を掴む方が大事です。

そこで好きになるかもしれません。
そうでなくとも女性とデートすることが自信につながります。

まずはマッチング。そこを意識しましょう。

1対2でも恐れないで!

第1希望に投票してくれた女性は隣の席だったので、アポ取りは楽勝。
その女性とフリータイム席に移動します。

その女性は友人と来ていて2対1の会話を希望しました。

ここで多くの人はしり込みをすることでしょう。
1人話すだけでも怖いので、2人なんで無理だと。

しかし、そこで止まっていては前に進めません。

婚活は男から動かないと何も始まらないのです。

2回目のフリータイムは骨休め

交代の合図が出されたので、次の女性に話しかけようと席を立ちます。
しかし、残念ながら目当ての女性はすでにライバルに取られていました。

仕方なく運営に話しかける事にします。

鴨八
平日夕方開催って珍しいですよね。
そうですね。お盆なので開催しました。
鴨八
ああ、なるほど。いつもはしていないのですね。
ええ、まあ。・・・あの、フリータイムなのでどうぞ女性と話されてください汗

怒られました。

もちろん何も考えていなかったわけではありません。
次の女性の空きを待っていたのです。

女性がライバルに取られても諦めてはいけません。次に話しかける機会をハイエナのように待つのです。

最終投票でマッチング!連絡先を交換!

1回目に話しかけた女性に本命投票。
2回目に話しかけた女性にメッセージカートを渡しました。

そして、その結果・・・

無事にマッチングです!ありがとうございました!いやっふー!!

残念ながらメッセージカードを渡した女性から音沙汰はありませんでした。
仕方ないですが、今回は十分すぎるほどの成果です。

最後に:フリータイムを恐れず活用しよう!

いかがだったでしょうか。
フリータイムを怖がる人が多いかもしれません。

しかし、だからこそフリータイムを活用できれば他の男性を出し抜くことが可能なのです。

ぜひともホワイトキーの婚活パーティーに参加してマッチングをその手に掴んでください!!

ホワイトキー関連記事

婚活パーティー選びに悩んでいる方へ