【失敗談】ホワイトキー福岡で1番人気の女性を避けたら逆効果だった件

こんにちは、モテない党代表の鴨八(@dotekamo)です。

ホワイトキーの常連の僕ですが、今回は大失敗をしてしまいました。
案の定マッチングはできず。チャンスをみすみす逃してしまったのです・・・。

その原因はフリータイムの特殊性に翻弄されてしまったこと。

その特殊性とは?どんな失敗をしてしまったの?
包み隠さず全てをお話ししましょう!

参加イベントの概要

28歳から36歳だけの個室Party 〜Sweetsビュッフェ〜
頼れる彼と癒しの彼女☆最高の恋人探し

イベント早見表

  • 時間:16:30~18:15
  • 料金:4,000円(ネット割500円適応)
  • 年齢:男女ともに28歳~36歳
  • 人数:女性20名、男性17名

人数は中規模の婚活パーティーですが、男性は少なめ。

豆知識ですが、ホワイトキーでは女性参加者の方が多くなりやすいです。

これが他の婚活パーティーではそうはなりにくいんですよ。

  1. 男性の参加費が婚活パーティーの中では割高
  2. ケーキや会場の雰囲気のお洒落さなど、女性が喜ぶ要素がちりばめられている

以上のように男性に不人気と言うより女性に人気であるため、このような現象が起きています。

フリータイムが前半後半に分けられるメリット

今回も例によってフリータイムがありました。
ここを活用することで、女性とのマッチング率を飛躍的に高められるのです。

通常のフリータイムは完全自由で、男性の勇気は試されます。

しかし、今回はちょっと特殊。

前半後半に分けられ、前半は完全自由ですが、後半は運営が話す相手を指定するのです。

選び方は明言されていません。
ただ、1回目は男性の第1希望、2回目、3回目は女性の第1希望の人と話すようにセッティングされているように感じました。

フリータイムは奥手男子には鬼門ですが、運営が選んでくれるならば大助かりですね!

フリータイムが前半後半に分けられるデメリット

そんな便利な今回の仕組みですが、ちょっとした問題も起きます。

前半のフリータイムで話した女性ともう一度話す可能性があるんです。

実際に僕は重複して話すことになりました。
前半のフリータイムで受けが良ければ良いのですが、脈の無い女性だったので時間をムダにしましたね・・・。

当日の流れ

それでは、いよいよ当日のお話をしていきましょう!

安心安全の個室へお邪魔します

到着後、受付もそこそこに会場入りです。
ご覧の通り1対1で話せる個室になっています。素晴らしい。

もっとも完璧な個室ではなく、仕切りで分けているだけです。
それでは、中にお邪魔しましょう。

机の上にはプロフィールカードが置いているので、記入を開始。
ここら辺は慣れたものです。

ここまでどこの婚活パーティーも同じなので、特筆すべき点はありません。

1回目のトーク開始!評価を忘れずに!

トークは2分程度とそれなりの時間です。
大規模のパーティーだと半分も時間がないので、その有難みは十分に感じます。

この時に後半のフリータイムを使う女性もしっかりと決めておきましょう。

ホワイトキーのメモ紙では女性を5段階評価していきます。

この5段階評価の基準を1人目で決めなくてはなりません。

僕は最初の人を3にして、それ以降の女性と比較していきます。これが最も簡単。

以降それより低い人は無視して、高い人だけを記録していきます。

こうすることで不要なメモをシャットアウトし、短時間で今後の対策もとれるのです。

今回は2人の女性が高評価の判定になりました。
それ以外の女性も話していて楽しかったですね。当たりでした。

1回目の会話も終わった所で中間印象タイムです。
好みの女性5人を記入していきましょう。

フリータイム前半戦で気になる女性にアタック

フリータイムに入って、すぐに第1希望の女性に突撃しました。
幸いに1人参加だったので、僕だけでも話ができることに。

ただ、1回目の会話と打って変わって急によそよそしくなっていました。
これは脈なしですね・・・別の人にすべきかな。

そう思っていた矢先に中間印象の結果が返ってきました。

はい!第1希望の女性は脈無しです!

うーん、1回目の会話では良い感じと思ったのに難しいものです。

ただし、第2希望の女性のマッチング率は78%と高確率になっていました。
しかし、彼女は7人の男性から投票されており1番人気女性と思われます。

勝てる気もしないので、前半のフリータイムの残りで話しかけることはしませんでした。
それが後に悪夢を呼ぶことになるとはつゆ知らず・・・。

運営の判断でトーク相手をお任せ!

ここからがホワイトキーの真骨頂。
というわけで、今回は3人の女性と引き合わせてもらいました。

しかし、ここで誤算。

なんと1人目は僕の第1希望の女性であり、前半のフリータイムで話しかけていたのです。

女性
(またコイツかよ・・・)

恨み言が直接脳内に響く気がしました。本当にごめんなさい。

プロフィールカードを改めて交換してトークをしていきます。

完璧に脈なしでしたが、フリータイム合わせると10分以上も話しました。
婚活パーティーでコレは破格の時間ですよね。

ただし、脈なしだと何の意味のありません。

このように後半に運営が会話相手を選ぶ形式の場合、前半のフリータイムで第1希望の女性は敢えて避けることをオススメします。

やはり多くの女性に覚えてもらった方がマッチング率は高まるわけです。
特に今回のように第1希望の女性が脈なしの場合は避けた方が無難ですね。

続いては僕に投票をくれた女性とのトークタイムとなります。
僕はそこまで興味が無かったので、適当に話して終了。

最後も僕に投票をくれた女性でした。
良く分かりませんが、1回目だけ男性の希望優先、以降は女性なのでしょうか。

決死の投票タイム・・・撃沈!

さあ、お涙頂戴!最後の投票タイムです!
ここでは希望を諦めずに脈なし女性に投票しました。

ホワイトキーでは集計後に男性から帰宅します。
その際に封筒を渡されてマッチングしていれば結果表が入っている仕組みです。

そして、僕も運営から封筒を渡されました。

ゴソゴソ・・・

お?何か入ってる!

チラシだけでした

最後に:1回目のフリータイムで敢えて第2希望を攻めよう

今回の婚活パーティーでは、フリータイムを十分に活用できませんでした。
敢えて第1希望の女性を避けることが重要だったのです。

今回は僕の第2希望で1番人気の女性に話しかけるべきでしたね。
高嶺の花と諦めずに挑戦していれば違った結果があったかもしれません。

やはり自分に投票をしてくれた女性に話しかけることこそが最重要項目なのです。

ホワイトキーのフリータイムの活用方法は以下の記事に書いています。
過ごし方に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ホワイトキー関連記事







婚活パーティー選びに悩んでいる方へ